どうして1ラウンドでのクラブの所持本数は14本なの~??

 

こんにちは❤

銀座店フロントの伊藤です(^-^)

皆さんご存知でしょうか(^^♪?? 

ゴルフのルールでは、1ラウンドで使えるクラブの数の上限は14本と決められています。 そしてたとえ使用しなくてもバッグに15本以上のクラブが入っていればルール違反となります。

 

クラブの本数に制限のなかった頃、何十本ものクラブでラウンドする者や

リヤカーに収め切れないほどの数のクラブを詰め込んだ樽を乗せて

それをキャディーに引かせてラウンドするプレーヤーもいたそうです!! さすがにこれではたまらないとスコットランドのキャディーで組織された労働組合が

全英ゴルフ協会に改善を求めてクレームを申し出た事から、

ルールで正式にクラブ本数の上限が設けられることとなったそうです。

 

実はこの件についてはさらに逸話があります・・・♡ クレームを受けた全英ゴルフ協会ではクラブ本数の上限を

それでははたして何本とすれば妥当なのか?? 

協議を重ねた結果、13本がよいのではないかというひとつの答えが出されたそうです。 ところが、この13という数字はご存知のように西洋では忌み嫌われる数字です。 全英ゴルフ協会で決議をする際、ひとりの理事が

「13本ではどうにも不吉な数字なので1本増やして14本にしてはどうか??」

という趣旨の発言をし、全員がこれに賛成した結果、クラブ本数の上限は14本と決められたそうです(*^。^*)

こんな逸話があったのですね~^^

ちょっとしたトリビア的ゴルフ雑学のご紹介でした❤

c7f069cfc27c5d5a1896db73fd39e8c2