アドレス♪ゴルフ基本スイング【初心者専用ゴルフレッスン】


【アドレス♪ゴルフ基本スイング】


アドレスとはゴルフで言う構えのことを言い、この構えはゴルフで一番重要なポイントになります。足幅は肩幅くらいに開き、直立した状態で腕を真っ直ぐ胸の前に伸ばします。少し腕とクラブに角度を作り、この状態で目の前に会社の上司がいると思って背筋を伸ばしたままお辞儀をします。軽く膝を曲げ、重心は少しつま先側にかけます。腕とクラブの角度が変わらないようにクラブを地面に下ろしていきます。この時、手のポジションが左の内腿の前辺りに来るように意識します。
後方から確認しましょう。足幅は肩幅くらいに開き、クラブを胸の前に真っすぐ伸ばし、身体を前傾しクラブを地面に付かしていきます。膝は軽く曲げ重心はつま先側にかけます。この時、クラブとお腹の距離が拳2個分になることと、背筋が曲がらないように注意します。


【POINT.1】
足幅は肩幅

【POINT.2】
腕を胸の前に真っ直ぐ伸ばし、手首に角度をつくる

【POINT.3】
背筋を伸ばしたまま、体を前に倒す

【POINT.4】
少し膝を曲げ体重をつま先寄りにかける

【POINT.5】
手の位置は左足内モモ前

【POINT.6】
クラブとお腹の距離は拳2個分