冬こそ練習のベストシーズン!効果的な練習方法とは?

こんにちは☺ 最近、私の地元では毎日のように雪が降ります❄ 寒くて外に出るのが嫌でコタツから抜け出せません…

 

コタツから出られない

 

しかし、ゴルフは冬こそ練習のベストシーズンと言われています! プロゴルファーも12月初めをもってシーズンが終了します。 日本の女子プロの開幕戦は3月からとなりますので、約4ヶ月ほどオフとなるのです。

 

【プロゴルファーのシーズンオフの過ごし方】

 

プロゴルファーはシーズンオフをどんな風に過ごしているかご存知ですか? しかし、人気のプロゴルファーはオフでもゆっくりはできないようです。 たくさんのサポートをしてくれるスポンサーへの挨拶まわり、CM制作、イベント出演、テレビやメディアへ出演等、多忙のようです。 こういったスポンサーへの挨拶まわりなどが終わるとやっと基礎練習やトレーニングを開始していきます。 1月、2月には海外の暖かい地域で合宿をするそうです。 ハワイやタイでの合宿が人気のようです♪

 

タイでゴルフ

 

では、アマチュアゴルファーは冬のシーズンオフにどんな練習をすればいいのでしょうか?

 

【練習場でのスキルアップ練習法】

 

練習場での効果的な練習方法をゴルフネットワークさんが掲載していましたので、紹介します!

 

①アイアンはティーアップして打つ アマチュアゴルファーは、ゴルフの練習をする際に練習場はコースとは違うということを理解し、コースで役に立つ練習をする事が大事です。

人工芝のマットの上に直接ボールを置いて打った場合、何センチか手前からダフっても意外と良いボールが飛んでしまうもので、「人工芝ではダフってもソールが滑ってミスにならない」と言われているようです。 これに気付かずナイスショットを続けていた人が、コースに出て芝の上からアイアンを打ってみると、次から次へとダフって距離が出ないという事態に遭遇してしまうそうです。

練習場でこの現象を防ぐには、ティーアップしてのアイアン練習が効果的との事です! ボールだけをとらえてティーを打たないように練習します。 難しい為、最初はハーフショットからでも良いようです♪

ティーアップして打った途端にフェースの上面にしか当たらなくなる人は、今までダフリ気味に当たっていた証拠です。 この練習は藤田寛之プロなどのトッププロも励行している練習で、アプローチショットでも効果的との事です。

 

②打ち上げ・打ち下ろしに注意 練習場の多くは打席が2階建て、3階建てになっています。 また、距離表示のある側には後でボールが回収しやすいように傾斜がついている場合があります。 その為、1階打席から上り傾斜のフィールドに向かって打ち上げる場合などは、実際の打球よりも球が低く見える為、無意識のうちに球を上げようとして、あおり打ちになってしまう傾向があるようです。 逆に3階打席から打ち下ろす時は、ボールの滞在時間が長い事を嫌がって無意識に抑えて打ったりしがちで、逆にコースに行った際に普段の練習場ほどの高さが出ない事が気になって、あおり打ちになるケースがあるようです。 これらは、その打席で出がちな悪い動きを防ぐ事よりも練習の目的によって打席を選ぶ意識を持つ方が大事です。 アプローチの練習ならば1階。 ショットの練習なら2階の方があおり打ちになりにくく、球の落ち所も見えます。 また、スイングづくりに専念するならば、1球の単価が安い3階打席を選ぶという選択もありですね♪

 

③まっすぐに打とうとしない 練習場に行くと、どうしてもまっすぐに打つ事に集中しがち。 しかし、ストレートボールを打つ事は難しく、何発も打ってようやくまっすぐに打てても、コースでその球が出る可能性は低いとの事です。 練習場で効果的なのは、「絶対に右に行かさない」や「この先のポールとポールの間に打つ」といった打つ場所を限定して練習する事です。 右にOBがあったり、林でセパレートされフェアウェイが狭かったりと、コースではまさにこういったシチュエーションが多いのです。 最低限、避ける所を避ける事ができる練習をする事で、より効果が期待できるそうです。 まっすぐを追い求める事は、結果として身に付くものが少ない場合が多い為、スライスを直したいなら、フックだけを打つなどテーマを決めて一つの課題に取り組むと良いようです♪

 

④”なんとなく”の500球よりも意味のある100球を どんな練習も大事なのは目的を持って練習する事です! ただ1球1球のナイスショットばかりを追い求め、当たった、ダフったと一喜一憂するのは「練習」ではなく、「運動」になってしまい、コースで役に立つ練習にはならないのです。 なんとなく打った500球よりも、目的を持った100球の方が何倍も意味があるとの事です♪

 

⑤良いスイングをイメージ 目的を持った練習をする上で一打一打に集中して振り返る事も大切です。 自分のスイングをスマホで撮影してチェックする人も多いと思いますが、「こんなスイングをしたい」というイメージを持つ事も重要です! そんな時には、ゴルフネットワークの「イメージスイング」がオススメ♪ いろんなプロゴルファーのスイングをスーパースロー動画で繰り返し見る事で、スイングのイメージがつき、本能的に体の動かし方がわかる事もあるようです。 練習の合間に時折スマホで動画を見てみるのも良いブレイクタイムになりますよ♪

よぉーし!コタツにばかり潜っていないで、練習に行ってきますか♬ 春から素晴らしいゴルフのベストシーズンが迎えられるように♡

 

ゴルフのベストシーズン

 

本日も最後までブログを読んで頂きまして、ありがとうございました♥(*^_^*)♥