ゴルフ飛距離アップに必要なパッシブトルクとは!?

パッシブトルク  

最新のあらゆるゴルフスイングメソッドの中でよく耳にするが『パッシブトルク』というワードです!

 

直訳すると「受動的(勝手な)なねじり(まわる)」となるこの用語、一般ゴルファーには何のことかさっぱりわからないと思いますが、世界のトッププレーヤーは行なっている動きになります。  

パッシブトルクをすることによりドライバーショットの飛距離が伸びる、アイアンショットのキレが良くなる効果があります!  

基本は一般的な飛距離を伸ばす方法はスイングプレーンにクラブを乗せて、大きいアークで打ちなおかつインパクトでフェースがターゲットを向いていれば遠くにまっすぐ飛ぶと考えられています。それ自体は間違いではないのですが、さらにボールを遠くに飛ばすプラスアルファの要素となるのがパッシブトルクです。  

初心者ゴルファーにはとても難しい動きになるとは思いますが是非トライしてみてください!  

 

パッシブトルクのスイングとは?

 

先ずはいつも通りクラブを上げてトップまでいきます。(若干アウトにオープンフェースにあげても良い)そこからグリップエンドが正面を向くくらい、クラブを倒してみてください。このとき、しっかりと左サイドを動かしながら(体をターンさせながら)クラブを倒すのがコツ。そうすることによって体から近いところに手を置くことができ、エネルギーを逃さずにインパクトを迎えることができパッシブトルクが利用できます!  

パッシブトルクを取得する為の練習を紹介します。  

 

右手1本でボールを打つ!

 

パッシブトルクは実は極めて自然な動きで、右手でクラブを持って思い切り振ると、誰でもパッシブトルクを発生させることができます。スイングプレーンをなぞるように振るだけでは発生しませんが、速度が最大になるように右ヒジを外に向けながら振りかぶり、その右ヒジを内側に差し込むように振り下ろすと、うまくいくことに気付くはずです。(テニスの時にもその動きをします)そのとき切り返しでクラブが背中のほうに振られる感覚を体感することができますし、そのままクラブを振り下ろすと、後ろに倒れていたシャフトはダウンスイングの途中でスイングプレーンと一致し、インパクトを迎えます。ここまでできるようにまずはなりましょう!  

よりスピードを出すためには手元を先行させることが必要になるので手元リードを頑張ってみてください!  

つまりパッシブトルクとは、右手1本でクラブを最大加速させたときに発生するものであり、両手で握ってもその右手の動きを再現できるゴルファーがパッシブトルクを使いこなせるのです。  

「プロになるためには右手1本でプレーできなければならない」とは昔からよく言われますし、右手だけで打つドリルは少し上級者がよく行っていますが、うまく打つにはパッシブトルクを効かせてクラブを走らせなければなりなせんし、しっかりフェースターンしてハンドファーストにとらえる必要があります。以上のことから、右手打ちはまさにゴルフスイングの大事な要素を覚えられる究極の練習方法といっていいでしょう。  

パッシブトルクを間違えてやってしまわないようにしましょう。  

・腕を真下に下ろす ・切り返しでシャフトを寝かせる  

というワードが出てくるので、 腕を真下に下ろす動きや、シャフトを寝かせようとする動きは、無駄な動きを加える事になり スイングが乱れる原因になります。 トップでフェースを開くだけでパッシブトルク打法は完成します。 ダウンスイングでは通常と同じ動きをするだけです。  

パッシブトルク打法では、とにかく下に下にの意識が強く、出来るだけシャフトを寝かせてスイングすることがパッシブトルク打法のように定義されていますが、下に動かす意識は捨ててもらって大丈夫です。 下半身、左腰を左上に動かすことにより手元が低い位置に来るイメージを一緒に持つことが大切になります!  

パッシブトルクのデメリットは?

 

今まで説明したように、パッシブトルクを使ったスイングは、低いアタックアングル(横からクラブかきて打点の安定)と、ヘッドスピードアップという、二つの大きなメリットを実現できる理論です。しかし一方で、二つほど致命的なデメリットも存在するので注意が必要です。  

デメリットの一つ目は、フェースローテーションが大きくなりすぎるため、球が左右にブレやすいことです。パッシブトルクスイングだと、レイドオフの弱点の一つ=飛距離については補えますが、フェースの開閉量が大きいというデメリットは全く補えないのです。それどころか、ダウンスイング前半はフェースを更に開く方向へとテンションが掛かるので、インパクトのタイミングがずれると、プッシュアウトスライスやチーピンなど、左右に大きく球が暴れる原因になります。  

そしてもう一つのデメリットは、習得が極めて難しい打法だということです。ダウンスイングでシャフトを全く関係ない方向(右腰横~背中側)にクラブを下ろす必要があるので、感覚的に相当に違和感の強いスイングとなるので、上級者でも「こんなのできない」と思う方が多く出ると思います。  

皆様も飛距離アップを目指し試すのはオススメしますがあまりやり過ぎないで雰囲気を出すだけでも効果はあると思います! 是非一度トライしてみてください。