【女性のゴルフ初心者の平均スコアは?】初ラウンドに向けた目標設定と練習・本番での対策をご紹介!

ゴルフスコア

ゴルフスクールや打ちっぱなしに通い始めると「早くコースを周ってみたい!」と思いますよね。しかし、いざコースに出るとなると……

 

・自分のスコアが未知…こわい…
・目標スコアが全然わからない

 

と不安になりませんか?それはスコアの目安が無いからです。

 

この記事では、コースデビューの目安となる「ゴルフ初心者の平均スコア」をご紹介。スコアの目安がわかれば、目標設定もできて初ラウンドがより楽しくなりますよ♪

 

さらに、初ラウンドでスコアアップするために練習や本番で意識すべきことについてもまとめました。コースデビューを目指している方は、ぜひ読んでみてください!

 

目次
1.女性のゴルフ初心者の平均スコアは150-160
2.初心者がスコアアップを目指す「3つの練習」
3.初心者が高スコアを目指すときの「3つの心がけ」
4.初ラウンドまでにしっかり練習を積もう

 

 

女性のゴルフ初心者の平均スコアは150-160

 

ゴルフスコア

 

ゴルフ初心者の女性が、コースデビューした時の平均スコアは大体150~160となっています。これは、ゴルフスクールなどで数回練習した人の目安。もちろん練習量などにより個人差はあります。

 

これを聞いただけでは、いまいちピンと来ない人も多いかも。スコア150~160がどの程度のものか、もう少しわかりやすく説明します。

 

ゴルフのスコアとは

 

ゴルフスコア

「スコア150~160」をイメージしやすくするために、ゴルフのスコアについて少し説明します。知っている人は読み飛ばしてくださいね!

 

ゴルフコースは、1ホールごとに3~5打の規定打数が設定されています。その規定打数を「Par」と呼び、コースごとに「Par3」「Par4」「Par5」と表記されています。

つまり「Par4」だったら「このコースは4打でカップインするのが基準だよ」という意味です。

 

Parを基準に打数のプラスマイナスを出します。

 

(例)Par4の場合…

・6打でカップイン → +2
・3打でカップイン → -1

 

ほとんどのゴルフ場は、全18ホールの規定打数を合わせると「Par72」。その72から各ホールの+-を計算して合計スコアを出します。

 

(例)全ホール「+1」だった場合 72+18=90 スコアは90

 

逆にいうと、スコア90を目指す人は各ホール「+1」でラウンドすれば良いと考えられますよね。これをゴルフ初心者の平均スコアに当てはめて考えてみましょう。

 

ゴルフ初心者の平均スコアは1ホール+4~+5が目安

 

ゴルフスコア

ゴルフ初心者の女性の平均スコアは150~160でしたね。これを1ホールごとに考えてみると……

 

・各ホール「+4」なら、合計スコアは「144」
・各ホール「+5」なら、合計スコアは「162」

 

つまり1ホールにつき+4~+5でラウンドすると、初心者女性の平均スコアが達成できます。こんな感じで、1ホールごとのスコアがわかるとイメージしやすいですよね。

 

まとめると、女性のコースデビューの目標スコアは1ホール+4〜+5が目安になります。

 

初心者がスコアアップを目指す「3つの練習」

 

ゴルフスコア

同じ初ラウンドでも「初心者だからしょうがない」より「初心者にしてはすごい!」と言われた方が嬉しいですよね。

少しでも良いスコアにすべく、初ラウンドに向けての「3つの練習」をご紹介します。

 

得意クラブを4本作る

 

ゴルフスコア

ゴルフクラブを一式揃えると、全部で14本になります。この14本すべてを使いこなすのは、初心者には至難の技。なぜなら、ゴルフクラブによって打ち方やポジショニングが変わるためです。

 

14本全てを平均的に練習しようとすると、どれも大して上達できないまま初ラウンドを迎える可能性も…。

 

初ラウンドまでは、パターも含めた4本を集中的に練習しましょう!「自信のない14本」より「自信のある4本」で挑んだ方が良いスコアにつながります。

 

<得意クラブ4本の例>
①ドライバー
②7番アイアン
③PW
④パター 

 

ハーフスウィングを練習しておく

 

ゴルフスコア

練習場でフルスウィングばかり練習してませんか?スコアを伸ばすには、フルスウィングの半分の振り幅で打つ「ハーフスウィング」が重要です。

 

スコアの打数を増やしてしまう大きな要因は、グリーン周りのアプローチ。グリーン周りはハーフスウィングで寄せていくのが基本です。しかし、フルスウィングしかできない人はグリーンをオーバーし、大たたきするハメに…。

 

ハーフスウィングは自分の力加減と距離感もつかみやすいので、習得できればスコアはグンっと上がります。コースデビュー前に、打ち方を習得しておきましょう。

 

ルールやマナーをしっかり頭に入れておく

 

ゴルフスコア

ゴルフには審判がいません。審判はプレーヤー同士であり自分自身でもあります。だからこそゴルフは、ルールとマナーがとても重要。

 

しっかり把握していないと、違反を犯すリスクがあるだけでなく「自分は正しいプレーや行動ができているか」に気をとられ、プレーに集中できなくなってしまいます。

 

ただでさえコースデビューは、不慣れで緊張するもの。余計に神経を使わないためにも、ルールとマナーはしっかり予習しておきましょう。

 

 

初心者が高スコアを目指すときの「3つの心がけ」

 

ゴルフスコア

少しでもスコアを伸ばすには、ラウンド中の心がけももちろん大切です。

 

遠くよりも「とにかくまっすぐ」飛ばすことを心がける

 

練習場では経験できないのが、ゴルフ場のラフ。ラフに入ってしまうと想像以上に打ちにくく、前に進めません。練習通りとはいかなくなります。

 

極力ラフに入らずフェアウェイ上を進むことが、スコアを伸ばす重要ポイント。遠くに飛ばすことよりも「とにかく、まっすぐ」を意識しましょう。

 

打ち慣れていないクラブは使わない

 

ゴルフスコア

ゴルフクラブによって、打ち方やポジショニングは変わってきます。本数が多くなるほど、初心者が使い分ける事は難しいです。

 

「せっかく14本もあるし…」といろいろ使ってみたくなりますが、打ち慣れたクラブを選ぶ方が間違いが無いです。できるだけ、集中的に練習した「得意クラブ4本」を使いましょう。

 

グリーンで長距離からのカップインは狙わない

 

ゴルフスコア

グリーンまで順調に来ても、パッティングで台無しにしてしまうことはよくあること。プロでもパッティングには大変苦戦しているのだから当然です。

 

グリーン上の打数を最小限に抑えるためのポイントは、長距離からのカップインは狙わないこと。長距離は力加減が難しく、初心者は大きくオーバーしていまう可能性が大。

 

カップまで距離がある時は、2~3回に分けてカップを目指すことを意識しましょう。

 

初ラウンドまでにしっかり練習を積もう

 

ゴルフスコア

コースデビューを楽しめるかどうかで、ゴルフを好きになるか嫌いなるかが決まるといっても過言ではありません。せっかくゴルフを始めたのに「ゴルフって楽しくないな」となってしまうのが1番残念です。

 

初ラウンドを楽しむためにも、ある程度の練習を積んでから初ラウンドに挑みましょう!
練習・本番では、ぜひ今日お伝えしたポイントを参考にしてみてください♪