そのインサイドアウト、まちがっていませんか?

今日は、軌道について、皆さんが大好きな軌道 インサイドアウト ドローボール、フックボールを打つには必要な軌道です。

意識の違いが大きく生じる部分です。

まず、ダウンスイング時で、インサイドからクラブを下ろそうとして、左腕と左胸がくっついてしまうような動きをしてしまう方が多くみられます。その結果意識に反して、右へのスライスボールになってしまうのです。

そこで、思い切って意識を変えて、腕をインサイドから下ろす意識では無く、むしろ腕は、前に、(グリップエンドをボールの先に、結果クラブは、立つのでは無く、寝るというイメージを持って)だすイメージを持って、反復練習していただくことにより、結果的に腕ではなく、クラブがインサイドから降りてきます。