ダウンスイング時の腰のまわし方

今日のテーマは、「切り返し」です。つまり、ダウンスイングのきっかけの部分です。

まず、多くの方にみられる切り返し時に起こる動きのパターンですが、

1.腰からとか腰を回してということに意識が強すぎる方

2.もしくは、上記意識に反して結果的に腰が左に流れてしまっているだけの方

が、多くみられます。

そこで、思い切って意識を変えてみます。

トップポジションから、腰で切り返す、腰を回すイメージでは無く、「右ひざ、左ひざのポジションを入れ替えるイメージ」を持つことが有効です。結果的に、切り返し以降「左の壁」ができることにより、インパクトが強くなります。

この意識を持つとき、右に体重が残ってしまう動きになってしまうと、結果的に、からだが開いてしまうので、右ひざは、左斜め前、左ひざは、右斜め後ろに、動くイメージを持つと、右に体重が残りにくくなってきます。