グリップの握り方♪【初心者専用ゴルフレッスン】

 

【グリップの握り方】

ゴルフ基本スイング/グリップの握り方

 

グリップは手とクラブが繋がる唯一の接点になります。毎回このクリップを確認して握っていきましょう。

 

グリップには3つの握り方があり、一つは左手の人差し指と中指の間に右手の小指を乗せるだけのオーバーラッピンググリップ、二つ目は左手の人差し指と右手の小指をクロスさせるインターロッキンググロップ、三つ目は全ての指で握るテンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)になります。

 

基本的に右手の力が強い人はインターロッキンググリップ、右手の力が弱い人はテンフィンガーグリップ、一般的な力の人はオーバーラッピンググロップがオススメです。

 

まず左手から握っていきます。左手の人差し指から小指にかけて4本クラブの裏側に回し、この時なるべく指先で持つようにします。そして左手を握っていった際に左手のグローブのロゴマークがしっかりと上から見えるような位置で握りましょう。親指の位置は真ん中に戻します。右手は薬指と中指の2本をクラブの裏側に回して握ります。左手の親指を右手の平で軽く包み込んでいきます。親指は真ん中よりも少し左側に置きます。人差し指は伸ばしたりグーのように握らず、ピストルの引き金を引くような形で握ります。これで完成です。

 

実際に握ってみましょう。左手の人差し指から小指にかけて4本クラブの裏側に回していき、この時なるべく指先で持つようにします。左手を握っていった際にグローブのロゴマークが上から見えるような位置で握ります。親指の位置は真ん中に戻します。右手は薬指と中指の2本をクラブの裏に回して握り、左手の親指を右手の平で軽く包み込みます。親指は真ん中よりも少し左側に置き、人差し指は伸ばしたりグーのように握らず、ピストルの引き金を引くような感じで握ります。

 

【POINT.1】 指先で持つ 【POINT.2】 左手はグローブのロゴが見えるように握る 【POINT.3】 左手の親指を右手の手のひらで包むようにする 【POINT.4】 親指は横につけ、人差し指はピストルを持つように添える