初心者向け!基本的なゴルフスイングを3つのポイントで上達させよう

ゴルフ 初心者 スイング

 

初心者がゴルフで一番初めにぶつかる壁、それは”スイング”。

 

今回は、初心者ゴルファーの読者のために、基本的なゴルフスイングを3つのアプローチで上達させる方法をご紹介します!

 

【こんな方におすすめ】

・コースで当たらない
・体が回らないと言われる
・前傾姿勢がキープできず体が上下に動く
・手打ち気味で手元と体の動きがバラバラ
・ボールが飛ばない、球が高く上がらない

 

お届けする内容はこちらです。

 

目次
1.ゴルフスイングを覚える3つのステップ
2.初心者の女性がスクールを選ぶ時のポイント
3.サンクチュアリなら最短3週間でコースデビュー!

 

 

ゴルフスイングを覚える3つのステップ

初心者 スイング

 

早速、初心者がゴルフスイングを覚えるための3つのステップをご紹介します!

ステップ1:ボールが飛ぶ原理を理解しよう

ゴルフには、様々な理論があります。例えば、「ゴルフボールが真っ直ぐ飛ばない」という悩みがある場合、“ボールが飛ぶ理論”を理解することで、より真っ直ぐボールが飛ぶようになるのです。

 

そもそも、ゴルフボールはクラブの溝に食い込むことで、後ろに回転がかかり高く飛ぶ性質があります。

 

また、ゴルフボールは、以下の条件を満たした時に真っ直ぐ飛びます。

 

・ボールが当たるクラブの面(フェース)が、狙う軌道から直角になる
・ボールがフェースの中心に当たる
・フェールが垂直にボールに当たる

 

スイングの速さは関係ありません。上記の条件が満たされていれば、狙ったポイントに真っ直ぐゴルフボールを飛ばすことができます。

 

 

ステップ2:ダウンブローを覚えよう

初心者 スイング

 

 

「ダウンブロー」とは、クラブが下がり始めた段階でボールに当てる打法のことです。つまり、ダウンブローの時のクラブは、ボールに当たった後に地面に届きます。

 

初心者だと、クラブが持ち上がり始めた段階でボールに当てる打法「アッパーブロー(=すくい打ち)」になることが多いですが、まずはダウンブローを習得することで正確なボール運びが可能になります。

 

ダウンブローをするとボールにバックスピンがかかるため、グリーンに落ちた時にボールが止まりやすくなります。また、ダウンブローはアイアンに適した打法で、ミスショットが出にくいというメリットがあります。

 

ダウンブローのコツは、ボールを高く上げようと思わないこと。

 

記事の終盤で、正しいスイングの方法をご紹介します!

 

 

ステップ3:正しいクラブの動き(軌道)を覚えよう

 

ゴルフクラブが上がって降りるまでの道が「軌道」です。

 

下の写真の水色のラインがホーガンプレーン、赤い線はシャフトプレーン、そして、この2つの線の間の空間をオンプレーンといいます。

 

ゴルフ 初心者 スイング

 

そして、クラブがオンプレーン内で軌道するスイングが正しいスイングです。サンクチュアリでは、オンプレーン内でクラブを軌道するスイングもレッスンしていきます。

 

◆ダメな動き

 

ゴルフ 初心者 スイング

 

NG例のこの写真の場合だと、上半身が回転しておらずクラブの軌道がズレやすい状態です。

 

クラブにボールが当たっても、飛距離が出ません。

 

◆良い動き

 

ゴルフ 初心者 スイング

 

このように上半身がしっかり回転していることで、安定した軌道を出すことができます。

 

初心者ゴルファーのスイング練習方法

 

初心者 スイング

 

基本的なスイングの練習方法をご紹介します!

 

 

①右を向く

 

ゴルフ 初心者 スイング

 

まずは、上半身のみ右を向きましょう。正面を向いた状態で、体の正面に垂直になるようにクラブを持ちます。そのまま、上半身のみ右を向いた状態が上の写真です。

 

 

②手を肩の高さまで上げる

 

ゴルフ 初心者 スイング

 

②の状態から、手元を肩の高さまで上げましょう。この時、左手は肩より外側にいきません。

 

 

③地面めがけて打つ

ゴルフ 初心者 スイング

 

 

④最後は……

 

ゴルフ 初心者 スイング

 

最後は、そのままスイングすればOK!

地面にクラブが届けばボールに当たります。

 

うまくできない時は……

 

ゴルフ 初心者 スイング

 

上のやり方がうまくできない時は、スイングする前の構え方をチェックしましょう!

 

まずは、ボールを打つ前の前傾姿勢ができているか再チェックしてみます。

 

ゴルフ 初心者 スイング

 

NG写真のように姿勢がまっすぐの”棒立ち状態”だと、スイングできません。

 

左のOK写真のように、膝が軽く曲がり、前かがみになっている状態が正しい姿勢です。

 

以下の3ステップで、正しい姿勢を作ることができます。

 

ゴルフ 初心者 スイング

 

1.クラブを地面に平行に持ち、クラブをお腹まで”拳2個分”の距離を作る

2.背筋を伸ばし足の付け根から深々とお辞儀をする

3.両肩が両つま先を超えるようになっていれば、綺麗な前傾姿勢のできあがり!

 

この動きをマスターすると、以下のようなメリットが!

 

 

・ボールが飛ぶようになる
・環境が不安定なゴルフ場でも打てるようになる
・スイング時の体の回転が身につく
・アイアンに適した打法であるダウンブローをマスターできる

 

 

スイングはゴルフの基本。スイングの動きやコツを実践しているかどうかで、ゴルフの楽しさが変わると言っても過言ではないかも!?

 

今回の練習方法やゴルフ理論を参考に、ぜひスイングの練習をしてみてくださいね!

 

 

監修 サンクチュアリゴルフ 唐牛郁弥
ライター 増村ゆかり